自閉症スペクトラムを知った心境

自閉症スペクトラムについて

自閉症スペクトラムという発達障害としての名称を知ったのは、30歳を過ぎてからでした。

調査したところ、以下の様な内容となっております。

国際的診断基準の診断カテゴリーである広汎性発達障害(PDD)とほぼ同じ群を指しており、自閉症、アスペルガー症候群、そのほかの広汎性発達障害が含まれます。症状の強さに従って、いくつかの診断名に分類されますが、本質的には同じ1つの障害単位だと考えられています(スペクトラムとは「連続体」の意味です)。

早速、意味不明な専門用語により、混乱するばかり。
どうやら、発達障害にもいくつかに分類されるようです。

典型的には、相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏り(こだわり)の3つの特徴が現れます。
自閉症スペクトラム障害の人は、最近では約100人に1〜2人存在すると報告されています。男性は女性より数倍多く、一家族に何人か存在することもあります。

具体的な障害についての記載を見る限り、対人、コミュニケーションの障害、興味、行動の偏り(こだわり)という特徴が、我が子の人生で大きな弊害となる事を認知しました。

自閉症スペクトラムの特徴を抑えた上で、我が子の特徴をまとめております。

私の子供に見られた発達障害(自閉症スペクトラム)の症状

まず、早い段階での成長速度の違和感として、“掴まり立ち”、“歩く”の2点が遅いこと。

私は、以前に、3人の娘を見てきたので、成長速度の違和感に気付いたのです。

そして、言葉の覚えが遅い。

3歳を過ぎれば片言でも単語を言えるレベルまで発育する所なのですが、ギリギリ、ママ

まんまが言える程度という状況でした。

成長段階で、小学校就学前の心配要素として更に次の弊害を感じ始めます。

私の子供に強く見られるのが、“コミュニケーションの障害”と“興味や行動の偏り”です。

心配と同時に私の言葉が伝わらないことが苦痛でした。

コミュニケーションの障害、具体的な症状

  • 会話のやり取りができない
  • 質問に対して違う返事が返ってくる
  • 沢山の人がいるところだと恐怖を感じ逃げ出そうとする
  • 大きな声で話をすると、逃げだす、泣く、特定の動きを長い時間続ける

やはり親として一番つらいところは、会話のやり取りが難しい点でした。

“自分の意思を言葉で伝える”という事に関しては、脳の発達が遅いため長期にわたり育児、教育が必要になってきます。トイレやお風呂、食事、様々な場面で健常者との成長の違いを強く感じてしまいます。

沖縄サンゴカルシウム

興味や行動の偏り

  • 食べ物に偏りが強く出る、偏食が極端
  • 興味のない事には強く拒否する
  • 興奮状態になると決まった動作を長い時間続ける
  • 音に敏感で大きな音を聞くとパニック状態になる

興味のある事には健常者と変わらない行動をします。興味のない事には強く拒否するので、教育していく上で長い時間を掛けながら興味を持ってもらえる努力が必要となってきます。

私はかなり苦悩しました。無関心なことを強く拒否されてしまうので教育の観点では大きな壁となります。この壁は

興味を持ってもらう努力より、親も一緒に興味を持ち子供の目線に合わせる

偏食が極端な事にも苦悩しました。同じ肉でも見た目、食感何か合わない部分があると吐き出します。子供が一度『嫌だ』という認識を持つと、次から絶対に口にしません。

食べる物にも制限されてしまうことに、将来の不安だけが強く残ります。長い期間悩み抜いた末出した答えが

色々なレシピを覚えて、子供の特徴に合わせた子供だけのレシピを作ってみたい

様々な苦悩あると思いますが、私は壁や悩みを乗り越える事より子供の成長速度を見極め、子供の歩幅に合わせた教育をしていこう という考え方に辿り着きました。

おなかちゅあぶる

コメント