発達障害を知る上で得た事

発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。

発達障害は病気ではなく、産まれ持った特性です。

発達障害はいくつかのタイプに分類されてます。自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害、吃音(症)などが含まれます。

これらは、生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています。同じ人に、いくつかのタイプの発達障害があることも珍しくなく、そのため、同じ障害がある人同士でもまったく似ていないように見えることがあります。個人差がとても大きいという点が、「発達障害」の特徴といえるかもしれません。

自分の子が発達障害と診断を受け、ショックでした。外見では健常者となんら変わらないんです。障害を抱えている子供とどう向き合っていけば良いか長い期間悩みました。

障害を抱えた子供との向き合い方

私が発達障害を抱えた子供と向き合い方は以下の4点に気をつけています。

  • 発達障害として認知するが、自分の子を障害者と思わない。
  • 子供の成長は健常者と比べて遅いと認知する。
  • 子供の成長記録をつける
  • 子供の成長に合わせた教育方針を見極める

コメント