成長促進で期待できる食材・ほうれん草と卵

ほうれん草と卵を勧めたい理由

ほうれん草と卵の栄養素で他の食材を減らしても、十分な成長促進が期待できます。

卵は全栄養素が含まれてる万能食材として、ほうれん草はβカロテンが豊富です。

あまり知識として浸透されていない意外な栄養素が卵と、ほうれん草に含まれています。

それでは、概要を見ていきましょう。

コチラのサイトでは発達障害を扱っており、発達障害の特性である脳の発育を主観としております。

健常者の方にも参考になる記事になりますので、関心持たれた方は是非お読みください。

ほうれん草に含まれる成分で成長促進に繋がる

ほうれん草の栄養成分で豊富だと知られているカリウムに着目します。

カリウムの効果として、神経刺激の伝達、心機能や筋肉機能を調節、細胞内の酵素反応の調節する働きがあります。また、血圧を下げる効果も期待できます。

神経伝達、筋肉を動かす事は脳の発育に重要な事柄です。特に、生まれつき脳に障害を抱えている子には神経伝達と筋肉稼働(運動)させることが、成長促進に繋がります。

食事に取り入れたい栄養素としてカリウムが豊富なほうれん草が、成長促進に繋がると言えるでしょう。

カルシウムも含まれていますので、他の乳製品が苦手、アレルギー持ちの方は是非とも視野に入れたい食材です。

ほうれん草にはβカロテンも豊富です。βカロテンは体内に吸収されると、ビタミンAに変化します。偏食によるビタミン不足も補えるので万能食材と言えるでしょう。

 

卵に含まれる成分で成長促進に繋がる

卵は人間が必要な全栄養素が含まれている万能食材です。

老化防止、脳の活性化、血圧低下、新陳代謝促進が期待できる食材です。生活習慣病の予防にも期待できます。

成長段階で着目したいのが、脳の活性化と新陳代謝促進効果です。

発達障害の特性である、脳の障害に有効な活性効果と代謝促進効果は、発育に期待できる事柄です。是非とも普段の食事に取り入れたい食材と言えるでしょう。

卵には卵黄、卵白で含まれる栄養素に違いがありますが、特に着目したいのがカルシウムです。卵白にはあまり含まれていないのですが、卵黄にはカルシウムが豊富に含まれています。

脳の発育には伝達刺激が必要であり、伝達には運動が有効です。運動するにあたり、骨を形成するカルシウムは成長過程で不足しないように気を配りたいところです。

 

ほうれん草と卵で健康維持と脳の発育を

ほうれん草と卵の栄養成分による効果は健康維持のみならず、脳の発育に有効だと言えます。

普段の食生活に意識的に取り入れたい食材です。発達障害の特徴である偏食にお困りの方は工夫して子に与えたいですよね。

多忙なご家庭で調理時間を取りにくい場合は、市販の調理された物を購入するのも良いかと思います。

市販の調理された物には保存料が含まれているので、過度の取り過ぎには注意したいところです。

 

まとめ

ほうれん草と卵の栄養成分の概要ではありますが、ここに綴りました。

ほうれん草はカリウム、βカロテンが豊富で神経刺激の伝達により脳の発育に繋がる事や、筋肉機能調節に効果がある事で運動により脳の発育に繋がると言えるでしょう。

卵は脳の活性化や新陳代謝の促進が期待できる食材として、脳の発育に繋がると言えるでしょう。

卵には卵黄、卵白で含まれる栄養成分に違いがあることも、頭に入れておきたいところです。

すくすく育っていく子の姿を見て、成長に合わせた食事をさせたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント