調味料が偏食の息子を救う

発達障害特有の偏食は調味料によって改善できる可能性あり

発達障害における特性の一つで、偏食は親として心配要素の一つです。

私の子も自閉症スペクトラムで、偏食が極端です。色で判断するケースが多々あるので、子の成長が心配でなりません。

しかし、ある調味料で工夫をしたところ、絶対に口にしなかった食材も食べるようになりました。

これは親としても、新しい発見で工夫した甲斐もありました。

アスミール

目次

保育園時代の偏食

保育園時代はご飯のみスープのみ果物のみと、限られたものばかり食べていました。

アレルギーも多数あったため、親としても本人が食べたくない食材は、与えないようにしていました。

保育園では、アレルギー対応の給食を提供してくださるのですが、親として子の偏食についての要望を伝える事もできませんでした。

母としての悩み

離乳食、幼少期の食生活は本当に大きな悩みの種でした。

食に興味、関心が無さ過ぎて、遊びにばかり行動をおこします。

ただでさえ食に関心がない上に、偏食も極端なので成長が心配でなりませんでした。

保育園に偏食の改善をお願いするのもためらいありましたし、私が改善できる手段も見当たりませんでした。

調味料と出会い

子の偏食の悩みを抱えていた時に、母が会社の人から調味料を頂いてきました。

近所のスーパーではあまり見かけない『しょうゆ』でした。

子供は元々納豆が好きで、納豆ごはんに使うしょうゆを頂いたしょうゆに変えてみたのです。

子供の反応がいつもと違い、「お母さん!この納豆おいしいね!」とごはんを、おかわりしました。

この事が切っ掛けとなり、食べなかった魚に、頂いたしょうゆを使って出してみたのです。

食べました。子供の反応が納豆ごはんを食べた時と同じでした。

以降、頂いたしょうゆを主体に、野菜炒めやチャーハンを出してみると食べてくれるのです。

また、絶対に口にしなかった食材も食べるようになり、出せる料理の範囲が広がりました。

欠かせない調味料

工夫、試行錯誤しながら料理をしてきましたが、まさか子供の偏食の改善に、調味料が有効であるとは意外でした。

頂いたしょうゆは、塩分を低く抑えてあり、ダシの良く効いた風味豊かな味わいです。

今となっては食卓に出し忘れると、子供自らが冷蔵庫から取り出して利用する、魔法の調味料となりました。

まとめ

発達障害であるが故の悩みも多いですが、母としてできる事は諦めずに行動しております。

しかし、心が折れそうになる時期があることも事実。

そんな中でも、些細なことも見落とさずに行動してみる。

結果として、子供の喜ぶ顔と新たに食べる食材の範囲が広がった事。一つ階段を昇った姿に、私は喜びを噛みしめました。

コメント