父が思う発達障害(自閉症スペクトラム)の子との向き合い方

私の辿り着いた考え方

十人十色。人としてこの世に同じ人間はいないと考えるのなら、発達障害というモノの捉え方を見直す必要がある。

  • 発達障害として認知するが、自分の子を障害者と思わない。
  • 子供の成長は健常者と比べて遅いと認知する。
  • 子供の成長記録をつける
  • 子供の成長に合わせた教育方針を見極める

以上の考え方が私にとって一番納得できる結果となりました。これは、考え方の一つとして“誰しもが当てはまる答え”ではありません。参考となれば幸いと考えております。

自閉症スペクトラムの特徴から特性を個性に切り替え

他でも記述しておりますが、発達障害の基本的な考え方として、

発達障害は病気ではなく“特性”である

私の子に症状として強く出ていた特徴を

  1.  “コミュニケーションの障害”
  2.  “興味や行動の偏り”
  3.  “沢山の人がいるところだと恐怖を感じ逃げ出そうとする”
  4.  “大きな声で話をすると、逃げだす、泣く、特定の動きを長い時間続ける”
  5.  “興味のない事には強く拒否する”

以下のように個性として切り替えました。

  1.  “脳の発達が健常者より遅いだけで会話はできるようになる”
  2.  “興味の偏りは性格であり個性、行動の偏りは癖”
  3.  “人込みが嫌い、苦手なだけで、環境を選ぶような教育をする”
  4.  “音に敏感なのは個性でうるさいのが苦手。改善手段を探す”
  5.  “興味のないことは工夫してキッカケづくりに専念”

自閉症スペクトラムの本質を100%理解している訳でもなく、また専門医の知識とは離れた考え方になるかもしれません。

ですが、私自身が抱えた悩みとして、私も一人の人間で父であり、家族の一員でもある中、様々な責務、そこに掛かる負担というのは想像以上に大きかったのです。

これをコメントすることに少々抵抗ありますが、私も一人の人間である以上『心』があります。時として『心』が壊れそうになる時もありました。

妻と同様に胸が痛み、苦しみ他の健常者と比較してしまう自分が居たのは確かです。

私と似た境遇の方が居るのであれば、少しでも多くの方に自身の『心』を大切にしてほしいと思います。

コメント