生誕から就学前までのまとめ

1歳、1歳半健診で発達障害と診断を受けたら

自分の子が定期健診で発達障害の可能性有りと診断を受けたら、必ず担当医師に今後について相談しましょう。自分の子が!?と受け入れられない方もいらしゃるかと思いますが、踏み切って相談しましょう。

私達は市の定期健診で心理士の先生を紹介されて相談しました。

専門医師(診療心理士)に発達障害と診断を受けたら

まずは紹介状を書いてもらいましょう。診断してくれた担当医師に、どのような医療機関があるか?最寄りの医療機関はどこにあるか?聞いてみるのも良いと思います。

次にすべきことは

お住まいの地域で最寄の医療機関(療育センターや療育病院)に問い合わせて予約をとりましょう。当時の私達の環境では最短で4ヶ月待ちでした。

一つの医療機関に絞り切れない場合は、お住まいの地域によっては相談窓口もあるので相談してみると良いでしょう。

専門医療機関では

紹介状をもとに医師との面談があります。子供にあったリハビリ方法を選定し、訓練が始まります。

私達の場合は、OT『作業療法』とST『言語療法』を行いました。

障害者手帳はどのタイミング?

発達障害は国で定められた補助が受けられます。障害者手帳を発行してもらうと後のあらゆる場面で助かる機会が出てきます。

障害者手帳は発行しましょう。タイミングは親の判断で構いません。

障害者手帳をもらうには?

専門医療機関(療育センターや療育病院)で発行してくれます。

また、発行元が通ってる専門医療機関ではない場合、各都道府県で担当、運営している児童相談所で発行してもらう事になります。

発行元の児童相談所に直接行く場合は、通っている医療機関で診断書を発行してもらうとスムーズです。

私達の場合は、児童相談所で面談したあと、子供のIQ検査で認定がおりて取得しました。

学校にあがる前にすべきこと

配偶者との相談、医師との相談で知的障害を扱う学校に就学するか、通常の学校に就学するか方向を決めましょう。

知的障害を扱う学校に就学すると決めたら、お住まいの市区町村で扱っている就学相談の窓口に相談しましょう。この時にも診断書が必要となります。

就学相談の窓口で通う学校が決まりましたら、体験入学をしましょう。子供の反応も確認しながら、合う環境の学校にすると良いと思います。

コメント